スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国道、酷道そして河童の里~3日目~ 

2011年9月4日(十和田~遠野)

おはようございます!(´・ω・)

現在地は新潟県の新潟市。
太平洋を後にし日本を縦断し日本海までやってきました!

さて3日目は十和田から遠野へ!
途中、世界一の透明度を誇る龍泉洞へも寄って行きました!

2日間滞在した十和田とも今日でお別れ。
久々にゆっくり出来、体調も万全、天気も最高!
と好条件に恵まれての出発!



山の中を走るR320を走り辿り着いたのは龍泉洞。
摩周湖と並び世界一の透明度を誇ると言われています。



洞内はライトアップされていてとても綺麗でしたが
残念ながらiPhoneでは暗過ぎて撮影出来ずorz
洞内はとても冷え込んでいて
奥に進むと3つの地底を見る事が出来
一番深い物では水深90mにもなるのだとか・・・
そこが見えず覗き込んでいると吸い込まれそうな錯覚を受けます
現在も更に奥を調査しているみたいです。



再びR320を走って行くと今回の目的地遠野へ到着!
遠野は遠野物語という日本の妖怪や奇怪な出来事が書かれている本で
作中の舞台がここ遠野となっています。

まぁこの遠野に辿り着くまでに人生で初の酷道を走りましたが
道は狭く、深い山の中、更には路面は濡れていて、所々ヒビ割れ。
極めつけは峠なので急カーブ急勾配が連続している事。
走っていて怖かった道で完全にルート選びを間違えましたorz
無事に遠野に辿り着けてホッとしてましたw







遠野物語には河童を題材とした話が多くあるようで
その中の一つの舞台となったのが「河童淵ち」
美男美女の人が河に近づくと河から河童が手を伸ばし
河に引きずりこむというらしく
河のほとりに注意書きが書いてありましたw

実際は綺麗で落ち着く雰囲気を与えてくれる河で
ベンチに座って30分程ボケーっとしてましたw

また地蔵も河童になっていてお供え物はもちろんキュウリw
参拝ノートと言うのが置いてありましたが
河童がメインという事で書き込み内容は河童捕まえたとか光学迷彩がしっかり働いているだとかの書き込み内容がw

この後寝どころを探し野宿で一日終了。
遠野は古き良き日本という言葉がピッタリの場所で心安らぐ地でした。

次回は先日世界遺産に登録された平泉へ!
中尊寺金色堂は歴史の教科書で見たのよりも凄かった!

次回もグレートなジャーニーを!m9(・∀・)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。