スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012正月~かつての栄華:石見銀山~ 

皆さんお久しぶりです(´・ω・)

2012年も明けて10日程経ち
正月ムードも終わり新しい一年が始まりましたね!

さて、この正月は地元島根へ戻っていて
今回はその際に行った場所について書いていこうと思います

この記事を機に島根へ興味を持ち、良ければ足を運んでいただければと思っています!

それではどうぞっ!

IMGP6891.jpg

2012年1月1日:AM7:00

2012年が始まって7時間。
島根へ向かうため東京は羽田空港。
まだ、太陽が雲に隠れている時間帯に久々の帰省にwktkしていました。

IMGP6898.jpg

飛行機は定刻通り出発
2012年のご来光は空の上からでした。
雲の上はとてもよく晴れていて綺麗な富士山を望むことも出来ました。
また、写真に写っているのは波の形をしうねっている雲で新年早々珍しい物を見れました。

IMGP6908.jpg

機内誌をめくっていて目に止まった記事。
・・・世界進出も夢じゃないですねw
しかしロンドンとは・・・追いかける人も楽じゃないw

IMGP7030.jpg

IMGP7149.jpg

IMGP7007.jpg

島根県には合計9日間滞在し
滞在中に最初に向かったのは島根県の中央に位置する大田市。
こちらでは【世界遺産:石見銀山遺跡】を訪れました。
丁度、世界遺産になって5周年で今年は色々と力を入れるらしいです。
写真は古い町並みが残る大森町の街道。
かつて世界有数の銀鉱山として栄えていた石見銀山の人達が住んでいたエリアで
武家屋敷や社寺など当時の建物が多く残り歴史的価値がある街並みを歩いて行きます。

IMGP7001.jpg

IMGP6999.jpg

石見銀山資料館を街とは逆方向に進めば、その先には【城上神社】があります。
町外れにある事により観光客があまり寄らないですが、この神社には
日光東照宮などで有名な鳴き龍が存在します。
丁度、龍の顔の真下辺りで手を叩くと不思議な事に空間に音が反響する現象が起きます。
部屋の隅で手を叩いても反響しないのに顔の下周辺のみで起こります。

IMGP7043.jpg

IMGP7052.jpg

IMGP7036.jpg

石見銀山の街中を歩いていると、住民たちのちょっとした遊び心を垣間見る事が出来ます。
軒先に鬼瓦が平然と置かれていたり、面白い形の造形物があったり
今回たまたま見つけたのが可愛らしい雪だるま。
中々に風情があって軒先や裏路地を覗いてみるのも一興です。
また、昔ながらの生活風景に馴染ませる為に自動販売機には木造の型に入れていたりと
街並みの景観を崩すこと無く溶けこませていたりと地元民の町並み保存への力の入れ具合が知れます。

気づく方は少ないと思いますが、このあたりでは屋根瓦の多くが赤くなっています。
その理由としてはこの辺りでは石州瓦という瓦が有名で
その石州瓦の代表的な例として赤い瓦があります。
これは瓦に塗る釉薬と瓦の原料となる粘土の材質による影響で
焼きあがった際に綺麗な赤色をしています。
ひび割れや寒さに強く、山陰地方などの屋根瓦に多く使われている伝統的な瓦です。

山陰地方を訪れる際には家の屋根を見てみると見つけられるはずです。
街並みの写真や上の鬼瓦が赤いのにもそういった理由があります。

IMGP7113.jpg

IMGP7128.jpg

石見銀山へ行った人なら必ず訪れる場所【龍源寺間歩】
江戸時代に世界の三分の一の銀がこの石見銀山で取れ500以上の坑道があったと言われています。
その500ある坑道の内現在では2つのみ一般公開されていて
その一つが写真の龍源寺間歩。
全長が600mと長い坑道となっており、坑道内では当時の作業していた現場を見ることが出来ます。
個人的にお勧めしたいのが、もう一つの一般公開されている坑道【大久保間歩】
全長900mと石見銀山遺跡の中で最も大きく長い坑道で完全予約制、ガイド付きで
ヘルメット等を装着して坑道に入るのですが、さながら探検隊の気分で坑道内を見ることが出来ます。
しかし、残念ながら12月から3月の期間は坑道が封鎖されている為
4月~11月のみの期間限定での公開となっています。
お値段も少々張りますが、行ってみると思った以上に面白いと思います( ´∀`)bグッ!

IMGP7138.jpg

と、長々と紹介してきましたが今回はここまで。
石見銀山の魅力について書いてきましたが果たして伝わったのかどうか不安ですが・・・
他の世界遺産は華やかで壮大ですが、ここ石見銀山は質素で寂しい感じがする場所。
しかし、そこが良いと言う人もいるのも事実です。

もしお近くによる事がありましたら、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

次回は神在月として有名な出雲の魅力
そして島根を語る際に外せない出雲大社について書いていきますのでお楽しみにっ!!m9(・∀・)

コメント

こんにちは~

島根…雪に濡れた瓦屋根の街並みが風流ですね (´∀`)

石見銀山は下調べが足りなくて龍源寺間歩しかいきませんでしたw
こんなにほかに見どころがあったとはね…おしぃ。
再訪してみたくなりました。

出雲大社はいったことがないので、ぜひ地元の方視点の魅力が聞きたいです。
ここは行こうと思ってますので。
楽しみにしています (`・ω・´) b

Amaichiさん>>

赤い屋根瓦の街並みは他の地域じゃ中々見れないので
そういった細かい所を見ていくと新しい面白さに気がつけます!

石見銀山はガッカリ世界遺産としても有名ですが
細かいところを見ていくと結構面白いですよ!

出雲大社はとてもよいところなので機会がありましたら是非一度参拝を!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。