スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012正月~神話の郷:出雲~ 

皆さんこんにちわ(´・ω・)

今回は石見銀山から少し東へ向かった場所にある出雲市を訪れて見ました
出雲市と言えば出雲そばやぜんざいに出雲駅伝などで有名ですが
全国的に知れ渡っていると言えば出雲大社
今回はそんな出雲大社の魅力を伝えていこうと思います!

IMGP7307.jpg

縁結びの神様で有名な場所と言えばここ【出雲大社】
カレンダーで10月は通常神無月と言って全国各地から神様がいなくなる事が知られていますが
その神様たちは全てこの出雲大社に集まり人の縁結びについての取り決めを行なっています
その事から出雲の地方では10月は神様が集まる時期にちなんで神在月とカレンダーに表記されています
また、出雲大社の歴史もとても長く
国内最古の神社の一つでもあります。

ちなみここ出雲大社では嘘か真かカップルでお参りすると分かれるという噂があるようです。
是非、全国のカップルは仲良くお参りに来てくださいね!

IMGP7212.jpg

鳥居から出雲大社の本殿へ向かって続く参道は砂利道となっていて
参道に沿って松ノ木が植えられていて普通の神社とは違った雰囲気を感じられます
自分が出雲大社を訪れた時は丁度、成人式だったので人が多く賑やかでした。

IMGP7230.jpg

写真に写っている体育館のような建物が【出雲大社本殿】
現在、大遷宮(改装)の真っ最中で本殿の周囲を囲むように工事用のパネルが並び
一般の参拝が出来ない状態となっています。
大きな神社では何十年かおきに大遷宮と言う名の大きな改装工事が行われます。
出雲大社は60年周期で改装を行っています。
それも1年ではなく3,4年程かけての改装なので、とても大掛かりです。
なので本殿への参拝をしたい方は来年(2013年5月10日)の改装完了後に行くのがベストだと思います。

ちなみに、この改装期間中に何回か本殿の改装状況を一般公開する事があり
その一般公開に参加するといつもは近づけない本殿のすぐ側まで行くことが出来ます。
丁度、今年2012年の2月17日から29日までの13日間
新しくなった出雲大社特別拝観が実施されます。
一般公開の機会はこれが最後でもしご都合が合う人がいるようでしたら行ってみてはどうでしょうか?

詳しくは下のリンクからどうぞ。
【出雲大社HP:最終拝観のご案内】

IMGP7219.jpg

写真の建物は【出雲大社仮本殿】
本殿が改装中はこちらがメインとなり参拝者はこちらの仮本殿にお参りすることになります。
仮なのに造りがとても立派で本殿は更に凄いというのだから遷宮後の出雲大社へ行くのが楽しみです。

IMGP7241.jpg

こちらの建物は【末社 十九社】という社。
この社には10月の神在祭に全国各地の神様が出雲に集まった際の宿所となる場所で
10月の神在祭の期間中のみ閉じている扉が全て開きます。
出雲大社の境内の東西に位置しています。
境内の端の方にあるので意外と気づきにくく、知らずに出雲大社を後にしてしまう人もいます・・・
また、この社の役割は神様の宿所だけで無く全国の神社に繋がっているらしく
ここでお参りをすれば全国の神社のご利益を得られるだとか・・・

IMGP7259.jpg

IMGP7266.jpg

大きい神社という事もあり年が明けて5日しか経っていないのに
既に写真のように絵馬がズラーッとかけられていました。
また、自分は神社に参拝した際には置いてある酒樽を探しています。
神社ごとに奉納される酒は違っているので知らない酒蔵を見つけるのも一つの楽しみです。
そして何より地元の酒蔵は必ずと言っていい程に地元の神社には奉納しているので
神社の酒樽を見ることによってその地域の地酒の銘柄を知る事も出来ます。
自分は日本酒が好きなので全国各地の神社を訪れた際には参拝のついでに酒樽を探しては地酒について調べてます。
新しい酒との出会いのほとんどは神社から始まっていましたw

IMGP7282.jpg

IMGP7279.jpg

こちらの方はよく写真でも見る【出雲大社神楽殿】
神楽殿では結婚式などの催事が執り行われていて
縁結びの神様で有名な出雲大社は連日結婚式続きでとても幸せな空気が神楽殿周辺では感じられます。
また、色々な写真などに載っている大きな注連縄(しめなわ)は神楽殿の物がほとんどで
初めて参拝する人は圧倒的大きさと太さにビックリしてしまうこと間違い無いですw
注連縄が大きな事から近年、注連縄の真下から5円玉を放り投げ注連縄に刺されば縁起が良いという噂が広まり
沢山の5円玉が刺さっていましたが、現在では投げられないように
注連縄の刺さりやすい部分には網がかけられていて対策されていました。
このような噂が広まったのはごく最近で昔はなかったのだそうです。

余談ですが、出雲大社を始め島根県内の神社の注連縄は他の神社とは違う点があり
注連縄のねじる向きが他の神社とは
これには出雲大社で祀られている神を外の世界に出さないという意味があるようです。
通常の注連縄は「神の場に不浄なものを立ち入らないよう」という意味があり
それを逆向きにすることにより出雲の神を外に出さないという事になったのだそうです。
これには色々と詳しく書いてあるサイト等がありますので気になる方はそちらの方をどうぞっ!

IMGP7327.jpg

IMGP7374.jpg

IMGP7377.jpg

出雲大社には出雲の歴史や神話を学ぶことが出来る【島根県立古代出雲歴史博物館】が隣接されています。
こちらでは出雲大社やその周辺遺跡から採掘された文化財や国宝などが展示されていて
出雲へ行った際にはちょっと寄ってみたい場所。
展示内容には古代の人の武器に装飾品(鏡、勾玉)などが展示されています。
また、前の記事で書いた石見銀山の銀が他の銀とどう違うのかという説明もあり
出雲の歴史に神話について色々と知ることができます。

IMGP7345.jpg

IMGP7346.jpg

当時の生活風景を再現した場所では人形が置かれいたり
日常用品などが展示されていて、昔の生活を知ることが出来ます。
当時の生活風景を知る事によって色々と考察できる余地が出るので
自分は出雲へ行った際にはよく足を運んでいます。

IMGP7324.jpg

また、出雲大社がかつて空中神殿と呼ばれていた事を証明する大きな柱の現物も展示されています。
かつては地上50mもの柱の上に存在していたと言われる出雲大社。
これまで検証は多くされましたが確実性に欠けていたのですが
この柱(1.4m幅の丸太が3本結び一本としていた)が見つかった事により
空中神殿は本当にあったのだという確証が得られたそうです。

IMGP7334.jpg

写真は最も大きかった時の出雲大社の10分の1模型。
10分の1でこの大きさなので、現存していた時は圧倒的存在感だったのでしょう。
しかし、当時の建築技術を超えた建造物だったので
倒壊したり本殿が転倒した事もあったらしいです・・・
本殿が転倒って実際に見るとシュールなんでしょうね(´・ω・)

IMGP7342.jpg

こちらは60年前の昭和28年(1953年)の大遷宮時に取り外された千木(ちぎ)と勝男木(かつおぎ)。
出雲大社の屋根を飾る物で当時に取り外された物をそのまま展示しています。
屋根に飾る木なのにとても大きく、これだけでも本殿がいかに巨大か感じられます。

IMGP7359.jpg

IMGP7357.jpg

IMGP7360.jpg

この歴史博物館での最大の見所と言えばこの【358本の銅剣】
358本の内42本がレプリカですが、全て出雲大社の周辺遺跡から一度に全て出土しました。
造られたのはおよそ2000年前で状態がとても良いとの事。
金色に光っている銅剣は2000年前に造られた状態を再現した物で
実物は劣化はしていますが、形がしっかりと残っていて見事です。
ここまで銅剣が並んでいる光景は見ることが出来ないので初めて見た時は感動しました。

IMGP7365.jpg

また、銅剣の他にも皆が大好きな銅鐸も展示されていて
それぞれの装飾や大きさが違っていたりと銅鐸なのに種類が多くビックリしてしまいますw
銅鐸の重々しさとあの独特のフォルムはたまらなないですね。・・・共感出来る人はいなさそうですがorz

IMGP7390.jpg

と、言ったような物が出雲にはありますがいかがでしょうか?
島根はこれらの他にもまだまだ面白い場所は沢山あります。

今回の記事で少しでも島根に興味が湧き行ってみたいなと思っていただけたのならば嬉しいです!
是非、皆さんも機会がありましたら島根へ足を運んで見てください!
きっと新しい発見や出会いが見つかるはずです。

地元民が最もお勧めする場所はやはり出雲大社。
ここは何度言っても新しい発見ばかりで好きな場所です!



最後にちょっとした告知ですが
今年2012年は【古事記】がまとめられてから1300年を迎え
それを記念し出雲大社周辺では【神話博しまね】というイベントが開催されます。
期間は7月21日~11月11日の114日間開催されます
期間中は石見神楽や伝統芸能が連日披露したり、地域の商品やお土産などが販売されたりしています。
また出雲神話についても詳しく知る事の出来る機会でもあります。

だんだんと寂れていく地元が少しでも活性化してくれればいいですけれど(´・ω・)

それでは皆さん今年もよろしくお願いします!( ´∀`)bグッ!

コメント

こんにちはーヽ(=´Д`=)ノ

すごくよくまとまってて、出雲大社の魅力が伝わってきます。
しかし、自分がもし行くとしたら改装中になっちゃうな(´・ω・`)
でも仮本殿でもこんなにすごいならいいかなって思っちゃいますねw
出雲大社神楽殿もすごいですしねー
あと銅剣がものすごいかっこいいですね! ここは是非いってみるとします。

Amaichiさん>>

ありがとうございます!
微々たる物ですがこれで島根に行く人が増えてくれたら・・・ッ!
出雲大社は素晴らしい所なので是非!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。