スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWは雨・・・でも。 

皆さん、おはようございます(´・ω・)

あっという間に桜も散り、木々は青々しい葉が覆う季節になって来ました
徐々に暖かくなり、気づけばコタツいらずの生活に。
さて、暖かくなってやることと言えば?
・・・ツーリングしかないですね!

せっかくのGWはツーリングに行かねば!
と言うことで、このGWに2泊3日で北陸エリアへ行こうと考えています。
石川県の能登半島、岐阜県の奥飛騨温泉郷、長野県のビーナスライン
の3つに行こうと考えています。

ただ、GWの期間は雨が降るという事らしいので
今回はツーリングの際に使用するレインウェアを新調してみました。
kwskは続きからどうぞっ!(・∀・)



m_k_1128264_bk.jpg



【mont-bell レインダンサー パンツ】

レインウェアに必要とされる機能をバランスよく備えたスタンダードモデル。
GORE-TEXファブリクスを採用したモデルで
価格は9900円。
GORE-TEXと聞くと値段が高いというイメージが強いですが
mont-bellでは1万円以下で入手することが出来ます。
ただし、さわり心地などは値段相応だと感じます。
まぁ、ただのレインウェアなのでデザイン性よりも性能重視なので問題はないです。

GORE-TEXは防水耐久性、透湿性、防風性を兼ね備えた素材で
アウトドア用品に使われていることが多いです。

一般に売られている雨具と、具体的にどう違う?ということですが
自分が体感したところ、透湿性が抜群に良いです

北海道一周中にウェアだけGORE-TEXの物を使用し、パンツは2000円の安物を使い
どのくらい違うのか実験してみましたが、結果は比べ物にならなかったです。

基本的に安物のレインウェアは防水のみしか考えられていなく
長時間着ていると蒸れてくるのですが、GORE-TEXだとその蒸れを外に逃す構造になり
驚異的な防水を維持しつつも、中は蒸れずサラサラで気持ちのよい状態を維持できます。



m_k_1128262_prbl.jpg


【mont-bell レインダンサー ジャケット】

こちらは昨年の北海道一周時に使用したGORE-TEX採用のジャケット。
値段は13,900円。
一言で言うとコスパ最強
バイクでの使用に耐えられるかどうかを確かめるために
豪雨の高速道路走行などの色々な環境で自分なりにやってきましたが
結果としては想像以上に良かったです

高速道路での走行ですが、200km程の距離をノンストップで走行したところ少々浸水する程度で問題は無いです。
下道での40~60km巡航で一日中雨天走行した時は浸水は無く
中も蒸れること無く使用することができました。

mont-bell店員からの話を聞くと「バイクでの使用は想定されていないので浸水はする」
と言われていましたが、実際は浸水する事にはするのですが
少し濡れてるかな?という程度でした。

自転車に乗りながら使う分にはGORE-TEXを使用してるウェア類は重宝すると思います。
内部の湿気を外に逃がしつつも、凄まじい防水能力を持つウェアなら
蒸れて暑苦しいと辛い思いをせずに走れるとおもいます。

ちなみに今回、自分が購入したレインダンサー
mont-bellのGORE-TEX採用レインウェアの中では最下位のモデルとなっています。
これよりも上位にストームクルーザーという物がありますが
こちらは利便性、機能性が上がっただけで防水能力等に差はないとのことです。

雨の中、快適に走れることに越した事はないので
少々高くてもGORE-TEXを採用したウェアを購入すると良いかもです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。