スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年GWツーリング~いざ、能登へ~ 

皆さんこんばんわ(´・ω・)

眩しい太陽に晴れわたる青空・・・
街中には半袖姿の人も出てきて徐々に夏が近づいてきた感じがしますね
と、夏の手前の休みであるGWに幸運にも休みをもらえ
家にいるのも面白くないと思い、ちょっとツーリングへ行って来ました!

今回は2泊3日の日程で北陸エリアを走って来ました。

1日目は東京~石川県能登半島
2日目は能登半島~岐阜県奥飛騨温泉郷
3日目は奥飛騨温泉郷~信州経由で東京へ

ほとんど雨でひどい状態でしたが、それでもツーリングって終わって振り返ってみれば面白かったものですw
それでは、今回も北陸エリアの魅力を紹介していきますよっ!

IMGP8391.jpg

IMGP8302.jpg

1日目東京~能登半島までの移動でほぼ終わってしまい
2日目からスタート
この日はライダーハウス【江尻屋】からのスタート
昨晩は計6人のライダーが泊まり大いに盛り上がり北海道を思い出しました

ちなみにライダーハウス「江尻屋」は能登半島の真ん中ぐらいにある
穴水町という場所に位置し、能登有料道路やのと鉄道の終点でもあり
近くには能登空港もあったりと交通に関しては非常に便利な場所にあります。

1泊素泊まり1000円で泊まれ
自転車、バイクは屋内にて鍵付きで保管出来、部屋も綺麗でwi-fi有りと
旅人にとっては最高の条件が整っていました。

IMGP8351.jpg

IMGP8360.jpg

能登半島先端にある【禄剛埼灯台】
見渡す限りの海で晴れ空だと非常に気持ちの良い場所
ここからは朝日と夕日が沈むのを同じ位置から見ることが出来るようです( ´∀`)bグッ!

IMGP8358.jpg

禄剛埼灯台からは世界の主要都市への距離が表示されてる看板がありますが
数字で見ると隣国もそんなに遠い気はしないです

IMGP8366.jpg

IMGP8364.jpg

灯台近くの道の駅では多くのご当地物が売られています。
こういうご当地物が気になってしまうのは自分だけではないはず(´・ω・)

IMGP8338.jpg

IMGP8325.jpg

能登半島の代表的な宿【ランプの宿】
能登半島の先端に位置する宿には街の灯りは一切入ってこなく
宿内の照明は全てランプになって雰囲気最高の宿・・・らしいです
あまりにも宿泊料金が高いのでいつか泊まってみたいものですorz

宿には宿泊者以外入れませんが、近くに展望台があり
そこから眺める日本海は絶景の一言です。

IMGP8388.jpg

IMGP8381.jpg

IMGP8373.jpg

さも北海道を思わせるような緩やかなカーブを描く海沿いの道路こそ
能登半島の魅力でもあります
ゆったりと流しながら走り、少し目線を横に移すと目に入ってくる荒々しい日本海
こんな道があると週末に走りに行きたくなってしまいますね!

IMGP8409.jpg

IMGP8413.jpg

能登半島先端から金沢方面へ走って行くと見えてくるのは【白米千枚田】
実際には1004枚の水田が棚田状に広がり
海の潮風にも負けない米は美味しいと評判が高いようです
水田と海という中々見れない光景は見た人の心深くに刻み込まれるでしょう

稲が植えられた水田を見るとついに夏がやってくるという気持ちが強くなりますね

IMGP8429.jpg

IMGP8424.jpg

IMGP8463.jpg

千枚田から更に金沢方面へ走ると辿り着く町は【輪島市】
輪島市といえば伝統工芸品で有名な輪島塗の産地でもあります
この輪島市では柚子を使った和菓子の老舗があると聞いたので訪れたのが【中浦屋】
丸柚餅子というお菓子は柚子を一つ丸ごと使用し半年かけて作り上げた銘菓であり
試食をさせていただきましたが、手間暇かけただけあって素晴らしい味わいを持ってて
お金に余裕があったら迷わず購入してしまう程でした

ちなみに丸柚餅子は一つ1890円と少々お高く手が出せなかったので
代わりに玉柚餅子を購入。
店の人曰く、丸柚餅子の派生で出来た商品らしいのですが、甘さ控えめでお茶に合う美味しいお菓子でした。

IMGP8435.jpg

IMGP8437.jpg

輪島を語る上で外せないものと言えば【輪島塗】
何度も漆を塗り重ね丈夫さが売りのようですが
その結果から美しい質感が出てきてるのは説明するまでもないでしょう・・・

しかし、輪島塗の品物ってお高いのですね(;´・ω・)

IMGP8556.jpg

IMGP8561.jpg

今回、自分が日常用に使おうと購入した箸。
一枚目のは箱の中身が購入しようとしていた物と違っていたので交換するものですが
記念にと思い一枚パシャリと。
シンプルですが、桜の模様など繊細な造りで所有欲が満たされる一品でもあります。

二枚目の木目のような模様は漆を50回塗り重ね乾いた後に表面を少し削ると
塗り重ねた漆が年輪のような模様となって出てくるようで
何一つ同じ文様が無く独特な質感があります。
見た目がよいだけでなく持ち心地も非常に良く愛用していきたいと思える一品でした。



と言った具合に能登半島を回って行きましたが、いかがでしたか?
本当は砂浜を走れるなぎさドライブウェイにも行きたかったのですが
残念ながら高波の影響で封鎖され走ることが出来ず残念でしたorz
能登半島は小さいように見えて見所満載でまだまだ見足りぬ場所ばかりで
機会があれば何度でも訪れたい場所となりました。

自分が能登半島を訪れた時は天気が悪く1日目は写真が撮れなかったです
ただ幸運なことに2日目は晴れてくれたお陰で面白い写真が沢山撮れました

今回は能登半島についてでしたが、次回の更新では
3日目の信州エリアについて、まとめていきます。
また、旅中の美味しかった食べ物の写真を沢山載せていくので深夜帯に次の記事を見ることはオススメしないですw

それでは次回の更新まで、しばしのお待ちをっ!m9(・∀・)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。