スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒と行く紀伊半島2日目(伊勢~紀伊勝浦) 

皆さんこんばんわ(´・ω・)

現在地は和歌山県南部にある紀伊勝浦。
今日は一日中雨に襲われた日で
それだけならまだ良かったものを、山奥に向かってしまったのだから大変な目に会いました・・・

波乱万丈の2日目をどうぞっ!

朝起きた時は太陽も出ていて気持ちの良い青空が広がり
今日も楽しい一日が始まりそうだ!とテンションが上がっていましたが
この時はこれから先の自分が酷い目に会うとは予想だにしていなかったですね・・・





まず最初に訪れたのは
昨日行き損ねた【伊勢神宮内宮】
昨日訪れた外宮よりもこちらの方がメインらしく
お土産屋の数も圧倒的でしたが
何よりも神社の一つ一つの雰囲気がとても良かったです
屋根に生えた苔に植物は長い時間、ずっとそこにあり続けた事を意味する物でもあり
朝露に濡れた社寺は綺麗でした。



外宮を巡った後はお土産屋巡り。
伊勢と言ったらやはり【赤福】
折角なので頂いて行こうと思ったら赤福氷という
赤福が入ったカキ氷を発見!

暑い夏にカキ氷を拒む理由は無いので注文し待っていると出てきたカキ氷!
抹茶がベースとなり氷を食べて行くと中から赤福登場。
抹茶との組み合わせが良くとても美味しいので機会があれば皆さんも是非!

ちなみに赤福氷は夏季限定みたいです。





赤福氷を頂き名残惜しいですが伊勢を離れ南下。
熊野本宮大社を目指し山の中を走っていると雄大な川を沿う道へ。
綺麗だと思っていたのも束の間
よくよく見てみると増水した川に削られたのか堤防が土砂に埋れ
かつては対岸へ渡るために使われたであろう陸橋も柱ごと流されてました。
以降は土砂崩れで剥げた山に崩落した道路などを良く見かけ
台風の多いこの地域への被害は思った以上の物でした。





これ国道と言ったら信じますか?
そう、これが国道ですw
言われなければ県道と勘違いしそうですが、この国道を走って行けば奈良に行けるというのも、また事実・・・

民家はおろか人すらいないのでとても静かですが
所々に昔作られた旧道のトンネルを走らねばならなかったのですが
岩を掘ったようなトンネルで照明もなく
通常よりも明るいライトを装備したバイクでも全く見えず物凄く怖い思いをしました・・・
あれは、出ると言われたら納得しそうです・・・

また山奥には廃墟となった民家が点在し
そういうのを見ていると昔の人は凄いなと感じさせられます。
廃墟美学的なものがちょっと分かった気がします。



1tまでなら最徐行すれば通行できる吊り橋。
が、ワイヤーや土台の鉄は錆びてて風で思った以上に揺れ
こんなところ走る奴なんか・・・
と思った矢先に地元ナンバーの軽トラが渡っているのを見た時は絶句しましたw





和歌山県との県境ぐらいのところで物凄い峡谷が出現!
深い山の間を沿うように流れている川の迫力は物凄く
なた、霧がかかっているのも幻想的でした

ただ、この辺りから道幅は1車線になり光をも遮る深い森に入り
大量の落石と突然の豪雨。
路肩は崩落し路面の状態も最悪で
斜度もキツく、カーブの連続。
片方は高い岩肌があり逆は谷底へ落ちて行く断崖絶壁。
人のいなく、トンネルも多数あり
この辺りから精神的余裕がなくなり
路面に気を使いながら山を走っていたため以降の写真が一枚も無いですorz

この後は熊野本宮大社へ向かうつもりでしたが
あまりに雨が強いのと予想以上に到着が遅れそうだったので安全を優先し下山。
熊野本宮大社へ行けなかったのは非常に残念でしたが
またいつか訪れてみたいです・・・

山を降りると雨は降っていなく晴れ空が。
どうやら山の方だけ雨が凄かったみたいでした。
海沿いの道を走り、本日の宿がある那智勝浦駅に辿り着き無事2日目終了。

大自然の凄さ、陸の孤島と言われる由来、赤福の美味しさに気づけた今日は
疲れもしましたが終わってみれば楽しい一日でした。

明日は天候次第で進める距離が変わりますが予定では和歌山市へ。
雨が酷そうなら早めに切り上げて行こうと思います。

それでは明日もグレートなジャーニーを!m9(・ω・)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。