スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒と行く紀伊半島.After・・・Vol.1 

皆さん、お久しぶりです!(´・ω・)

お盆に突入し多くの旅人が日本各地を巡っていると思われるこの期間
北海道に行ったのが1年前で九州は2年前・・・
つい先日の出来事だと思っていたことが気がつけば大分前の出来事となってしまい
時間が経つのは早いなぁと実感します

さて、今回は紀伊半島を回った際に書いてた記事に乗せられなかった写真を
バシバシ貼って行こうと思います。

全体的に写真が多めなので少々重くなるかもしれませんがご了承願いますm(_ _)m

それでは、どうぞっ!

IMGP8719.jpg

IMGP8686.jpg

こちらは出発した初日に静岡へ向かう際に寄った
新東名高速道路の【駿河湾沼津SA】からの眺め
新東名高速道路は以前からある東名高速道路よりも山側の高い位置にある為
全体的にSAからの眺めが良いです!

IMGP8705.jpg

IMGP8696.jpg

【炭焼き鰻かんたろう】
2年前の夏に始めて訪れた時に食した鰻の味が忘れられず今回2回目の訪問。
じっくりと時間をかけて炭で焼き上げた鰻の柔らかさは
これまでに食べた鰻の中でも別格の美味しさがありました。
うな重を注文すると一緒に【鰻の肝入り汁】も頂けます!

IMGP8764.jpg

紀伊半島へは高速道路を使う陸路が一番安いのですが
高速道路だけで向かうのも面白く無いという事で
行きつけのバイクショップ店長オススメのフェリーで紀伊半島入り!
フェリーは愛知県の南部にある渥美半島から1時間に1本出ている伊勢湾フェリーを利用。

多少高くても新しい発見と楽しいのならばそっちを選んでしまいます。
プライスレスを大事にしていきたいです。

IMGP8854.jpg

IMGP8849.jpg

【伊勢のゲストハウス 風見荘】
こちらは伊勢で泊まったゲストハウス。
ゲストハウスだけあって国際色豊かな人ばかりで多文化に触れられ面白い宿です。
また、このゲストハウスではTwitterやFacebookを通して情報発信をしたり
宿での音楽イベントや創作活動なども実施したりと珍しいタイプのゲストハウスです。
2011年12月に出来たばかりと新しいゲストハウスで内装も綺麗な宿でした。

IMGP8877.jpg

IMGP8816.jpg

IMGP8887.jpg

IMGP8905.jpg

IMGP8842.jpg


【伊勢神宮】

日本神道の頂点・・・すなわち日本で最も格式が高い神社で頂点でもある伊勢神宮。
今では最上位の「神宮」と名前がついてる神社は沢山ありますが
本来の神宮を指すのはこの伊勢神宮のみだったそうです。
伊勢神宮ですが、流石頂点と言われるだけあり独特の雰囲気を持ち
これまで訪れたどの神社よりも荘厳な感じを持っていました。

ちなみに伊勢神宮には三種の神器の一つ【八咫鏡】が納められています。
他の【草薙剣】は愛知県の熱田神宮
【八尺瓊勾玉】は東京都は御所の天皇寝室の隣にある剣璽の間
にそれぞれ納められいるようです。

IMGP8926.jpg

伊勢と言えばもう一つの名物が【赤福】
伊勢神宮の側にお店を構え、この時期は夏季限定の【赤福氷】が人気です。
抹茶蜜のかかったかき氷の中に赤福が入っていて
暑い夏にはピッタリの一品でした。

IMGP8993.jpg

IMGP8994.jpg

三重県の南部、そして山の中へ入って行くと景色はガラリと変わり
荒々しく削れた川とそれに沿うようにゴツゴツとした大きな岩の景色ばかりとなり
民家も車も通らず手付かずの自然が残っていました。
また、錆びた吊り橋もかかり1tまでなら通行可能と書いてありましたが本当でしょうかね?w

IMGP9022.jpg

IMGP9053.jpg

【世界遺産:那智滝】
世界遺産:熊野古道伊勢路は紀伊半島南部のほぼ全域が登録されている場所で
今回訪れたのは熊野古道伊勢路の中でも南端にある那智の滝
本来、那智の滝とは那智山中にある修行場として使われていた48本の滝の総称で
それらの中で一番の滝が写真の【一の滝】でした。
しかし、近年では那智の滝と言うと【一の滝】の事を指すようになってきたようです。

一段の滝としては日本一で、実際に見てみると滝の凄まじさに圧倒されます。
滝ということもあり周囲はヒンヤリとしていて夏にピッタリの場所です!

IMGP9034.jpg

IMGP9076.jpg

那智の滝の周辺には熊野古道の代名詞でもある石段があります。
有名な石段などはそれなりに歩かないと辿りつけないらしいので、今回はパスしましたが
いつか時間に余裕がある時は石段を歩きながら熊野古道をゆっくりと回ってみたいものです。

IMGP9149.jpg

そして、こちらが本州最南端の【潮岬】
多くの旅人のブログでも紹介された岬で
本州ではここが最南端とされていますが、やはり行くなら日本最南端が良さそうですw
本州だと中々最南端に到達した実感が湧いてこないものですね(´・ω・)

IMGP9163.jpg

IMGP9172.jpg

IMGP9169.jpg

【白浜海岸:千畳敷】
白浜海岸と言えば海水浴場が有名ですが
一方で穏やかな海水浴場とは別に荒々しく波立つ一面も持ち合わせています。
その代表的なのが【千畳敷】
太平洋から打ち寄せる荒波で岩が削られ長い年別をかけて現在の姿になったとされています。

実に波が荒立ち、数km先に穏やかな海水浴場があるとは思えない場所でしたが
このような多くの面を持っている海岸というのも見ているのが楽しいものです

IMGP9180.jpg

旅先での楽しみの一つと言えばご当地物を探す事ですね!
今回、見つけたのは熊野サイダーでした。
味は・・・一般的なサイダーと変わりませんorz
ちなみに、サイダーにプリントされているのは熊野三山において信仰されている【八咫烏】
三本足のカラスで太陽の化身と言われ、熊野一帯では八咫烏のマークがよく見られます。

IMGP9212.jpg

白浜からの夕日は綺麗で、人のいない港からボーッと眺めているとあっという間に時間が過ぎていきます・・・
夕日というのも旅の途中では欠かせない大事な景色ですね



IMGP9199.jpg

と言った具合の紀伊半島でしたが、いかがでしたか?
紀伊半島は古くからの日本の文化や伝承が多く残り実に面白い土地です。
交通の便が非常に悪いですが、逆に手付かずだからこそ
これらの景色が形を変えずに今まで残り続けている・・・とも考えられそうです

今回は紀伊半島をメインにしましたが
Vol.2では紀伊半島を離れ奈良、兵庫、岐阜で訪れた場所の紹介していきます。

紀伊半島は訪れにくい場所ですが、訪れる機会があった時には是非ノンビリと周ってみてください!

それでは次回の更新までお楽しみにっ!m9(・∀・)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。