スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒と行く紀伊半島.After・・・Vol.2 

皆さんお久しぶりです(´・ω・)

8月も終わりだというのにより一層暑さが強くなりウンザリする日々が続いていますね・・・
そろそろ秋の気配を感じてもよい時期なのに
今年の夏は本気を出しすぎているような気がします・・・

さて、今回は全開に引き続き旅の道中で撮った写真をまとめて行こうかなと!
暑い夏は北に逃げるのも良いですが
南へ行って熱い夏を見て回るのも良いと思った近畿探訪・・・

全体的に写真が多めなので少々重くなるかもしれませんがご了承願いますm(_ _)m

それではどうぞっ!

IMGP9155.jpg

IMGP9229.jpg


【ブッダゲストハウス口熊野】

海水浴場で有名な白浜の少し北側にある田辺市にあるゲストハウス。
民家をゲストハウスに改築したタイプで
内装はアジアンな雰囲気満載!
熊野古道散策のスタート地点には便利な位置にあり
駅までも徒歩10分と両物件!
雰囲気重視のゲストハウスというのは大好きです( ´∀`)bグッ!

IMGP9257.jpg

IMGP9264.jpg

【高野龍神スカイライン】
紀伊半島周辺エリアのライダーには人気のスカイライン。
人気の無い和歌山の山奥を絶景と共に走り抜けるのはバイク乗りなら一度は行かないと勿体ない場所!
見渡す限り山で、たまに出てくる猿を見つけるのもまた一つの楽しみ
今回のツーリングで一番印象に残った道でした!

周辺には日本三大酷道の一つR425も通っており
酔狂な酷道マニアにはたまらない場所となっているようです

IMGP9298②

【世界遺産:金剛峰寺】
かつて、空海が教えを広める拠点とした寺であり
高野山真言宗の総本山ともなっているお寺で
建設は816年と今から1196年前と歴史的にも相当な重要文化財となっています。
また、この辺りにはかつて七千を越える社寺があったとされ
現在は少なくなってはいるものの100余りが現存しています。
その辺りの仏教的価値や歴史的財産を含めての世界遺産登録となった模様です。

IMGP9359.jpg

IMGP9380.jpg

IMGP9390.jpg

【奈良】
皆さんご存知の【古都:奈良】
修学旅行では定番の場所ですが、自分は今まで訪れた事がなく今回が初めての訪問!
京都とはまた違った雰囲気で、まだ下町と生活感のある奈良の方が好印象でした

奈良と言えばどこにでも湧いて出てくる鹿
車道だろうが、赤信号だろうが構わず出てくる鹿を止める術は無く
街中には写真のように「鹿飛び出し注意」の看板もw
山奥ならまだしも、街中で見かけるなんて流石奈良ですね

IMGP9411.jpg

奈良と言えば平安京、法隆寺などがありますが
そちらの方には時間が無かったため今回はパスし
訪れたのは興福寺の五重塔
釘一本使わずに全て木材だけで作られている建物とは思えないぐらいにどっしりとしています。
日常に五重塔がある生活というのも良さそうですね

IMGP9430.jpg

IMGP9434.jpg

IMGP9446.jpg

【なら燈花会】
奈良を訪れた8月7日は丁度【なら燈花会】が開催されている期間で
奈良市内の観光地ではロウソクによるライトアップがされていて幻想的な景色になっていました。

自分の撮影技術が乏しいが為に今ひとつ素晴らしさを伝えきれないですが
これは現地に行き自分の目で見るのが一番だと思います!

IMGP9462.jpg

IMGP9471.jpg

IMGP9487.jpg

場所が変わって次は山陰地方は兵庫の山の中。
バスが1時間1本では無く1日に2本のみと極めて少なく
車必須な環境ですが、人は住んでいて農作業に励んでいました。

また、ココらへんで太平洋側と日本海側の気候の違いを肌で感じられるように。
太平洋側と同じ気温なのに日本海側の方が涼しく感じられました。
同じ山の中でも和歌山と兵庫とでは風も違い
走って涼しいと感じられたのは兵庫の方でした。
日本は狭いと言われつつも、ちょっと移動しただけで気候が変わってしまう面白い国でもあるのです

IMGP9515.jpg

【コウノトリの郷公園】
国内では絶滅危惧種に指定されているコウノトリが
こちらの【コウノトリの郷公園】で保護、飼育され
自然繁殖を目指し日々研究が行われている場所となっています。

多くのコウノトリがこちらの方から全国各地に飛び立ち
遠い所では鹿児島新潟でも目撃されています。
いつか、コウノトリが当たり前に飛び回る日本になってほしいですね!

IMGP9537②

IMGP9611_20120826020817.jpg

IMGP9552.jpg

IMGP9593.jpg

【城崎温泉】

今回のツーリングの目的でもあった【城崎温泉】
浴衣が似合う町として知られ、温泉街を歩くと浴衣姿の人ばかりで
川辺の柳と合わさって風情あふれています

こちらの温泉街では温泉巡りが有名で
7つある立ち寄り湯に何度でも入る事が出来ます。
朝は早い所では7時から開き、遅いところは23時まで開いていて
夕飯を食べた後に好きな温泉に入れるのです!
また、7つの立ち寄り湯は同じではなく
檜造りだったり山を繰り抜いて洞窟にしたり、滝を眺めながら入れたりと
それぞれ面白い造りになってます。

幼い頃に親に連れられてきた城崎温泉をずっと探して数年。
今も変わらず、昔と同じ雰囲気だった温泉に来れた事が今回のツーリングで一番うれしかった事です。

宿の人から聞いた話ですが、どの立ち寄り湯でも一日の最初に来た男女1名ずつに記念品の温泉手形がもらえるとか・・・
  自分は入手に失敗したので、どなたか一番風呂に挑戦してみてはいかがでしょうか?w


IMGP9673_20120826020816.jpg

IMGP9691.jpg

【天橋立】
日本三景の一つになっている天橋立。
股の下から覗けば天に昇る龍のようにも見えるのだとか・・・
リフト乗り場から降り振り返った時に見た景色は圧倒されます!

IMGP9737_20120826020859.jpg

IMGP9739.jpg

【舞鶴赤レンガ倉庫群】
旧日本海軍の備蓄庫などとして使われ
現在は倉庫の一部を改築しイベントスペースなどとして活用している場所。
隣には自衛隊舞鶴基地が隣接されており
ちょっと海の方に出ると自衛隊の船を見ることが出来ます。

しかし、赤レンガってカッコイイですよね・・・

IMGP9784_20120826020857.jpg

【琵琶湖】
言わずと知れた日本最大の湖。
対岸が見えず水平線が見えるほどの巨大な湖で
実際に見てみるまでは大きな湖なんだろうなぁ程度でしか考えていなかったので
今回見た時はあまりの大きさにびっくりしましたw

鳥人間コンテストでも有名な湖で昨年は名シーンも生まれましたね

IMGP9825_20120826020939.jpg

IMGP9815_20120826020939.jpg

IMGP9847.jpg

IMGP9887.jpg

IMGP9891_20120826021007.jpg

【飛騨高山】
「飛騨の小京都」とも言われ美しい町並みが今尚残る町
景観がとても素晴らしく写真を撮っているだけで楽しくなってくる町でした。
町並みもそうですが、至るところに細工がされていて
それらを見つけ出すのも楽しく尾道を彷彿させてくれました

機会があればもう一度訪れじっくりと見て回りたいですね!



IMGP9742_20120826020858.jpg

と、言った具合に今回の紀伊半島+αの旅は無事に終える事が出来ました
人との出会いは少ない夏でしたが
多くの知らない景色を見ることが出来ただけでも十分です

今回のツーリングを終えて、山奥の道というのも面白いなということを知り
これからも機会があれば色々な所を走り
お気に入りの秘境スポットを見つけていきたいと思いました

あっという間の6泊7日で晴れ有り雨有りでしたが
終わってみれば全てが良い思い出に・・・
これだから旅というのは堪らなく面白く止めることが出来ないのです!w

夏ももう終わりですが、これから始まる秋、冬では
その季節の素晴らしい景色を探しに行きたいと思っています

拙い記事ですが、最後まで見ていただきありがとうございます!
これからもグレートなジャーニーを!m9(・∀・)

コメント

はじめまして。
同じくZZR250に乗っています。

紀伊半島の景色は素敵ですね。
九州からだと気軽にツーリングとはいきませんが……来年は紀伊半島ツーリングを本気で考えてしまいます。
さらに魅力的で見入ってしまう写真の数々……そして何より赤いZZR250がかっこいい!!

ところで、私もこちらのサイドバッグを検討しておりますが、タンデムでの快適性はいかがなものでしょうか?
実際にタンデムを成されておられなくとも、ステップとバッグの位置関係などをお教え下さると幸いです。
いきなりの不躾な質問で申し訳ありません。

今後もツリーングの写真などを期待しております。
それでは失礼いたします。

九州のZZR乗りさん>>

初めまして!
コメントありがとうございます!

紀伊半島はバイクで走るにはとても楽しい場所で
機会があれば是非!
九州の方も阿蘇など憧れのバイクスポットがあったりと羨ましいです

乗り始めて1年半ですが、ZZR250は良いバイクだとつくづく感じますw

サイドバッグの事ですが
ZZR250での装着時にダンデムを考えているようでしたら無理だと思います。
後部シートの側面がほぼ全てバッグだけで面積を取られてしまい
ダンデムステップが完全にバッグの下になってしまいます。
取り付け位置を後ろにずらそうにも固定の問題で難しいと思います。
他のバイクだと可能かもしれませんが・・・

ソロツーリングには最適なバッグで
このバッグを装着した後にシートバッグも装着出来そうな感じでしたが
ダンデムとなると・・・

また、後部シートにはバッグの固定バックルが取り付けられているので
乗れてもお尻が痛くなると思います。

こんな感じですが、ご期待には応えられたでしょうか?

アッサードさん


紀伊半島は広いのでどこを走るか考えるだけで目移りしてしまいますw
九州だと阿蘇は定番スポットだけあって最高の景色ですよ。
気まぐれで阿蘇に行くのはしょっちゅうですw
ZZR250は立派なツアラーで乗りやすいバイクですが、
阿蘇は大型バイクばかりでさすがに浮いてしまうという……

サイドケースのレビューありがとうございます。
装着状況が手に取るようにわかり大変参考になりました!
一人乗り専用と割り切って使う分にはかなり魅力的ですね。
金欠orzが解消したら購入しようかと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。