スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾道~今治 

この日はこの自転車旅行で一番の目的である
「しまなみ海道」走破がいよいよ当日を向かえ
朝、窓を開けると快晴!天気予報では降水確率0%!!
晴れのちハレ!!!(←分かる人いるかな・・・

※今回は非常に文字が多いので覚悟してください・・・

それではしまなみ海道編始まるよっ!!


テンション最高の状態でチェックアウトしに行くと
亭主が「とても晴れて良かったですね。今日は今治までですか?」とb
晴れ最高ですよ(笑)
その後は色々な話をした後にチェックアウト。
自分は2つ買って余ってしまった京都の八つ橋を渡すと
代わりに鹿児島の温泉水をゲット!

水をボトルに入れ
外まで送っていただき是非また来たいと思った旅館都でした。
その後は向島に渡る為渡り舟乗り場へ移動。
尾道には何個かの渡り舟乗り場があって
それぞれが70円程度で乗れて一つ目の島まで所要時間3分程。
この辺の写真も後日載せます。
何で橋を渡らないかと言うと
尾道から向島につながっている尾道大橋新尾道大橋は車専用で
自転車で通行する事が禁止されているので
自然と渡り舟を使うしかないのです。
船着場には学生やら車やらが既に船を待っていて
これがここの日常なんだなと東京に住んでいると絶対に見れない日常光景を目にする事が出来ます。
船は大体数分間隔で運行されていて乗り逃しても数分待てばすぐにやってきます

船に乗りいざしまなみ海道一つ目の島向島へ突入!
そしてこの瞬間に本州から離れました。
さらば本州!また数日後!
向島について70円を支払い船着場から早速書いてあるサイクリングロードへ入り
島をグルッと半周した先に2つ目の橋因島大橋が見え
橋と同じ高さまで山をウネウネと登って行き橋へ突入!
一つ目の橋は車が通っている橋の真下を通るため左右にはフェンスがあり
眺めはいまいちですが風をよく受けますb

橋を渡った所にはスタンプを押せる場所が設置されているので
旅日記へポンと。これで一つ目・・・

坂を下り島へ降りて、再び島を走る
不思議な事に目の前には海があるのに
数100メートル泳げば対岸があるから海じゃなく川に思えてしまいます
ただ、流れは物凄く速いです(笑)
しばらくサイクリングロードを走っていると次の橋生口橋が見えてきます
この橋からは車と同じ高さを走るようになり
原付と自転車・歩行者の道が分かれるようになります
海、山、太陽!夏来たら最高なんだろうなと思いました
そして橋を渡り終えるとスタンプをポンと。

この島はサイクリングロードが非常に走りやすくて
坂をあがったり、みかん畑レモン畑の真ん中を突っ切ったりして
とても気持ちが良くてサイクリングとはこういう物だなと認識させてくれます
走っていると次の橋多々羅大橋が見えてきます
この橋を境に広島と愛媛へ渡る事になります
また、この橋には構造上特別な「鳴き龍」という音が反射する現象が起きます
橋の中間部分にあるアーチの下に行き手を叩くと2本のアーチに音が反響して
橋の上なのにやまびこ見たいな感じになります。
狭い空間じゃなく開放された空間で響く音は変な感じがしますb

橋を渡ったすぐのところに
道の駅があり、ここにて昼食と愛媛名産物のみかんをゲット!
みかんを見てまず驚いたのがデカイ!安い!でしたw
大玉6個入りで120円とかが当たり前で空いた口がふさがりませんw
それも種類が10数種類ありどう違うのか良く分からないですがw

道の駅を離れると今度は海沿いに走る事数十分で次の橋大三島橋が見えてきます
この橋手前で休んでいると
しまなみ海道を走り続けて11年。しまなみ海道生まれた11年前から走り続けてるんだぜ!
と自慢するおじさんと遭遇
しまなみ海道とその周辺の景観の移り変わりの話を聞いたりした後に
「俺は四国の山全部制覇したんぜ!」との自慢も・・・
あーはいはい・・・(次の日、このおじさんの凄さを目の当たりにします
別れを告げ大三島橋へ突入しスタンプゲット!
橋の上にあるサイクリングロードって変な感じですが
海の風を直に受けられ気持ちがよいものです

そして橋を渡りきるとこのしまなみ海道の島で一番来たかった
は か た の し ま
自転車旅行行く前にここに来たら絶対にしようと思っていたことは
「伯方の塩を買う事」でしたw
島内を走っていると道の駅を発見。入る。伯方の塩の種類の多さに笑う。
普通の奴から面白い物まで売っていたので
今回は粒の大きい面白い物を購入。
これでしまなみ海道に思い残すことはない・・・(ぉい
ここでは伯方の塩のソフトクリームが売っていたので購入
味はなんかバニラに塩が加わってヌルッとした感じで
「なんだこれは」と普通のソフトクリームとは違って面白かったですw

そして数100メートル先にある伯方・大島大橋を渡ると最後の島へ突入
この島は橋まで16kmもある結構大き目の島で
この日初めての本気で進む事50分・・・
見えました11年前の技術の結晶の塊「来島海峡大橋」
今までの橋とはレベルも長さも圧倒的に違い
こんなに長い橋があるのかと驚きました
3つの橋をつなげた3連つり橋としては世界初で全長4kmにも及び
瀬戸内海でも海流が激しく早い場所として有名なこの場所に
よく橋を建てられたものです
この橋だけは他の橋の2倍の通行料200円かかってしまいますが
200円払って渡る価値はあります

橋の真ん中には真下にある島へ下りるためのエレベーターが設置されていますが
別途に200円かかってしまうので今回はスルー
そして橋を渡りきると全長60数kmあったしまなみ海道走破完了!
信号が一つもなく非常に自転車としては走りやすい環境で
自転車乗りなら一度は行っておくべき場所No.1と言われる理由が分かりました
レンタサイクルも安く貸し出しされているので興味ある方はどうぞb

この日の宿泊先は橋から100メートル程進んだところにある
サイクリングターミナル「サンライズ糸山」に宿泊
自転車を直接部屋まで持ち込むことが出来
カーテンを空けると窓の外に広がる来島解消大橋と瀬戸内海の島々・・・
すばらしいロケーションです


来年のしまなみ縦走には是非参加したいものです
また、自転車乗りが多く自転車旅行している人から
レンタサイクルで走っている人らが沢山いて
同族を多く見れた一日でうれしかったですw


四国もグレートなジャーニーを!!m9(`・ω・)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。